IoT×kintone×コムチュア

IoT×kintone×コムチュア

近年、機械やセンサーがコンピュータと連携するIoT化が進み、kintoneと各IoTデバイスの連携も注目されています。

【例】

・ウェアラブルグラス×kintone

・IoT×AI ×kintone

・センサー×kintone

IoTとコラボレーションするコムチュアでも、いち早くIoT×kintone連携に取り組んでおり、様々な活用事例があがってきております。今回はエコモット社のFASTIOというIoTプラットフォームとkintoneを連携したフィールドサービス管理業務での事例をご紹介します。

エコモット社のFASTIOは、今あるモノをインターネットに簡単につないで管理できるプラットフォームサービスです。収集したデータをFASTIOのデフォルトアプリケーションで管理するエンドツーエンドでのシステム提供はもちろんのこと、複雑な分析やビジュアライズ、マシンラーニング等の先進分野における外部クラウドサービスとの連携を前提として設計されており、センシングデータを外部クラウドサービスで利用するためのAPIを各種用意しています。

FASTIO 紹介URL:http://www.fastio.jp/


今回はFASTIO×センサー×kintoneを連携させ、リモート監視を駆使したフィールドサービス管理業務での事例をご紹介します。


今回のケースは全国各地の建設現場にセンサーを設置し、管理センターでkintone画面からインシデント管理を行っている事例です。

事例:フィールドサービス管理業務

kintone×FASTIOの連携フロー図

kintone管理画面

  • 監視センターではkintone上のデバイス一覧画面から各地に配置されている現在のセンサー状況を一覧画面で確認。


  • 各現場で事故や破損による衝撃をIoTデバイスのセンサーが検知するとFASTIOクラウド上からkintoneにPush配信。


  • kintone上でインシデントを検知した監視員はインシデント詳細を確認し、インシデント発生現場と現場に近い作業員を地図情報から確認し、作業指示を連絡。


  • kintone上で通知を確認した作業員が現場に向かい、編集画面にて音声と写真で現場報告を実施。

ここがポイント!!

①プッシュ通知

センサーが検知した画像やIoTデバイスの情報を自動でkintoneへデータ登録します。登録されたステータスにより管理者にインシデント情報をプッシュ通知します。

②位置情報連携

管理者は、インシデントが発生した位置情報とリアルタイム更新されている担当者の位置情報から現場に近い担当者へ指示することができます。

③音声入力

担当者は、現場からモバイルで現場写真と音声による自動入力で迅速かつ正確な情報を管理者へ即時報告することができます。

④データ活用

蓄積されたビッグデータからインシデントの傾向や対応時間を集計できます。さらにはデータを分析して予測することができます。

詳しくはお気軽にお問い合わせください!

Copyright(C) COMTURE CORPORATION. All rights reserved.